Blogブログ

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

カラーとダメージとトリートメントのお話★2。

I007945397_349-262

前回のカラーのお話しに続けて今回はダメージのお話☆
なりたいヘアスタイルになる為には切り離せないものですよね。

髪の毛はタンパク質を中心に様々な成分で出来ているのですが、ダメージする要因によって欠損する成分や箇所も異なります。

ダメージの原因となる代表格が、

・カラーやパーマ施術などによるダメージ
・紫外線によるダメージ
・ドライヤーやアイロンなどによるダメージ
・静電気やエアコンなどによるダメージ
・ハードスプレーやブラッシングによるダメージ
・乾かさない事でのダメージ
・エイジングによるダメージ

などなど、髪の毛は日常でダメージする要因がたくさんあります…

そしてその原因によって、表面のツヤや手触りを決めるキューティクルであったり、

髪の強度を保つタンパク質、しっとりした水分量を保つ為のCMCなどなど、

ダメージしている箇所によって欠損している成分は様々です!!

そしてダメージすると何が良くないのか??

キューティクルが欠損するとツヤが出にくく、ザラザラとした手触りになったり、

タンパク質が欠損するとゴムのように伸びたり、切れ毛・枝毛が出来たり、

CMCが欠損すると乾燥したパサパサとした髪の毛になったり、と。

せっかくのヘアデザインも、綺麗なカラーも本領発揮出来ません…

また、経験のある方も多いと思われる事例で、

・表面に短い毛が出てくる
・カラーをすると毛先が暗くなったり、くすみすぎる(緑になる)
・赤系のカラーに染まらない
・パーマをすると毛先がチリチリになった
・パーマがあたらないと断られる
・伸ばしている毛先がスカスカになっている
・縮毛矯正をするとピンピンで柔らかさがない
・毛先が硬く、柔らかさがない
・巻いてもすぐとれる、もしくはパリパリになる

こうなるとダメージレベルはかなり進んだ状態です。

elem.では、外国人風カラーを中心としたヘアデザインが人気で、

ブリーチなどのダメージが比較的大きい施術をさせて頂くこともしばしばです。

ダメージを防ぎながら、なりたいヘアスタイルを続けていってもらう為にもケア技術・薬剤・知識は徹底しています^^

ダメージが進む前に対策をしていきましょうね!

次回はトリートメントのお話しです~お楽しみに♪

elem.  hair  design

大阪市中央区東心斎橋1-16-31心斎橋錦ビル4F

tel.06-6252-6272

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事